カードローンは誰でも利用できるという訳ではありません。カードローンには審査があり、断られてしまう人もいます。断られる可能性があるから審査があるのです。しかし多くの人は問題なくカードローンを利用することが出来ます。では、カードローンを利用することが出来ない人とはどんな人なのでしょうか。

カードローンの審査に落ちてしまう人の特徴

まず第一に、年収が足りていない人です。 カードローンは決まった収入がなければ審査に受かることはありません。固定収入がないときちんと返済できるかどうか不安に感じられてしまい、なかなか審査に受からないのです。とはいっても一定の年収があれば審査には受かる可能性が高いので、年収が低すぎる場合に落ちることが多いでしょう。借り入れ希望額によっても異なりますが、だいたい年収は200万円から300万円あれば問題ないといわれています。そのため100万円未満の年収の人だと落ちてしまう可能性があります。ただし、アルバイトやパートでも審査に通ることはありますし、実家に住んでいて生活費の心配がないなどの理由であれば少ない年収でも受かる可能性があります。

続いて勤続年数です。こちらもそこまで大きく関係はありません。年収や仕事内容によっては働いてから1ヶ月未満でも問題なくカードローンを利用できる可能性が高いでしょう。ただし、ある程度の金額を希望したい場合は、審査が厳しいカードローン会社では、勤続年数1年未満だと落とされてしまう可能性があります。基本的に勤続年数は半年ほどあれば、問題ないといわれています。

続いて雇用形態では、一番審査に受かりやすいのが、大手の正社員です。 一方落ちる可能性があるのが、パート、アルバイト、自営業です。パートやアルバイトはどうしても収入が安定しないという人が多いですし、自営業の方は審査の目が若干厳しくなってしまいます。そのため、雇用形態が原因で審査に落ちる可能性もあります。しかしこの件に関しても、ある程度の収入や勤続年数があれば問題はないでしょう。

カードローンの審査で一番落とされやすいのが、過去の履歴です。過去にクレジットカードや携帯電話の支払いで滞納をした履歴がある人はカードローンの審査で落とされてしまう可能性があります。数日遅れた程度では問題ありませんが、明らかな延滞があると審査の目が厳しくなってしまうでしょう。基本的に、延滞から5年から10年の間は審査に落ちやすくなってしまいます。